読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな村の生活保護について

はてな村役場において、生活保護はどういう状況なのか。

申請の受理はどうなっているのか。非常に興味深いところではありませんか。

窓口で門前払いして、一切の申請を受け付けず、はてな村には生活保護の給付が必要な村民はいませんでした、と村長が胸を張るのか。はたまた、申請に来たものは全て受け付け、厳正な審理の結果、全員に給付するのか。

そもそも、はてな村ともあろうもの、ベーシックインカムなんじゃないか、とにかくはてな★スター(黄色)は無尽蔵に貰えるぞ、とか。

どうなってるのか。

聞いた話によれば、はてな村役場では、生活保護の申請に村人が訪れると、窓口の担当者が話を聞き、こう言います。

「とりあえず働けそうなら、私の代わりに、この窓口担当をしてみませんか」

そして、申請者は、その場で窓口担当として勤務することになります。

今まで、窓口担当をしていた者は、はてな村ハローワークに出向き、新しい職を探します。

ハローワークでは、窓口の担当者が話を聞き、こう言います。

「求人はいくらでもあるので、とりあえず、私の代わりに、この窓口担当をしてみませんか」

こうして、順繰りに入れ替わることにより、必要な人に職と給料が渡されているそうです。

働けない人がどうなってるのかなんて、そんなこと知りません。

そんなことより、なんかください。はてなTシャツでもいいですよ。